IcoFX

アイコン作成専用レタッチ Vista以降の特大アイコンにも対応

IcoFXは、アイコンファイル(*.ICO)作成ソフトです。既存の画像ファイルや画面のキャプチャー画像を加工して、簡単にアイコンを作成することができます。Windows Vista用の特大サイズのアイコンも作成可能です。総合レタッチソフトより機能・目的を絞っているので、操作は分かりやすく、動作も軽快です。初めてアイコンを自作するという人や、効率的にアイコンを作りたいという人にお勧めのソフトウェアです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • レタッチソフトより機能・目的を絞ってあるので扱いやすい
  • ワンタッチで表示を拡大/縮小(100%~10000%まで)できる
  • EXEやDLLファイルから画像部分のみを抽出できる

反対票

  • 英語表記のヘルプしかない

とても良い
8

IcoFXは、アイコンファイル(*.ICO)作成ソフトです。既存の画像ファイルや画面のキャプチャー画像を加工して、簡単にアイコンを作成することができます。Windows Vista用の特大サイズのアイコンも作成可能です。総合レタッチソフトより機能・目的を絞っているので、操作は分かりやすく、動作も軽快です。初めてアイコンを自作するという人や、効率的にアイコンを作りたいという人にお勧めのソフトウェアです。

IcoFXの画面は、描画キャンバスとファイルエクスプローラー、ツールバーで構成されています。初回起動時のメニューは英語表記になっていますが、「Options」の「Language」で「Japanese」を選択すればすぐに日本語表記に切り替わります。オンラインヘルプは英語ですが、多くの操作は直感的に習得できるでしょう。アイコンを作成するには、新規作成で白紙のキャンバスを開くか、既存の画像ファイルを開きます。キャンバスの大きさは16×16、24×24、32×32、256×256ピクセルから選ぶことができます。ICO形式のほか、Macintoshのアイコン(ICNS)形式でも保存可能です。

キャンバスにはAdobe Photoshopなどと同様に、ツールを選んで描画したり、ドット毎に編集したり、ぼかしやシャープ、輪郭強調といった効果を付けることができます。表示の拡大率は100%~10000%までワンタッチで選択できるので細部の加工も便利です。色調補正 やBMP/JPG/GIF/PNG形式でのエクスポートといった機能も備えているので、アイコンのような小さな画像なら、本ソフト一つで大方の加工が可能でしょう。EXEやDLLファイルからアイコン情報を読み取って画像部分のみを抽出する機能も便利です。

IcoFXはデスクトップアイコンの作成用に特化したソフトウェアで、初めてアイコンを作成する人に適しています。ただ、背景の上でプレビューさせる機能やバルーン表示などの機能はないため、ホームページ用のアイコンを作成したいという人には、類似のソフトウェアであるGreenfish Icon Editor Proなどがお勧めです。

IcoFXは、軽快・簡単操作のアイコン作成ソフトです。

IcoFXは以下の形式に対応しています

入力:ICO、ICNS、BMP、JPG、PNG、GIF、CUR、JP2/J2K、ANI、EXE、DLL、OCX、ICL、BIN、RSC、RSRC
出力:ICO、ICNS、BMP、JPG、PNG、GIF、JP2